シルクスクリーン印刷でののぼり・旗への印刷方法のご紹介 株式会社久保旗

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは

シルクスクリーン印刷とは、アルミ枠に絹(シルク)を張って印刷部分以外のシルクを乳剤で隠蔽し、ゴムベラ(スキージ)を使って印刷物にインクをこすり落とす印刷方法です。

しかし、現在では絹は使用せず、ナイロン、テトロンなどの繊維を使用するため、現在では「シルク」という言葉が取れて「スクリーン印刷」と呼ばれています。

また、CMYKに色を分解する印刷方法や、1色ごとの特殊印刷を得意とします。

シルクスクリーン印刷の特徴

初期費用

色数に応じた版代がかかるので、製作枚数の多い程単価が安くなります。

最小ロットは1枚からお受けします。

用途

のぼり、旗、ハッピ、和手拭い 等